久高島産 有機高キビ(21年度産)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

久高島産 有機高キビ(21年度産)

¥800 税込

送料についてはこちら

21年度産 久高島産 高キビ 160g(1カップ)  “神の島”久高島で栽培された大変貴重な無農薬・有機栽培の高キビです。 栽培しているのは島で生まれ育った古波蔵節子さん。1978年を最後に途絶えている伝説の神行事「イザイホー」で神女になった方です。 久高島は琉球開闢(かいびゃく)の祖「アマミキヨ神」が最初に創ったとされる島。五穀が最初にもたらされたのも久高島だとされています。 この高キビはそんな五穀の聖地でもある久高島で、神女として今も神行事のお役目を担っている節子さんが栽培しているという、実にありがたいもの。 しかもこの高キビは今はほとんど栽培されていない在来種で、方言でトーナチンと呼ばれている大変貴重なものです。 県外産の高キビは穂が開いた形に育ちますが、沖縄の在来種は団子のような房状の塊になって実がつきます。そのため脱穀の際、機械にかけることができず、すべて手作業で脱穀しています。ゴミを取るのもすべて手作業。1カップの高キビが食べられるようになるまでには大変な時間がかかっています。 むかし沖縄では、高キビをご飯に混ぜて炊いたものを“赤飯”と呼び、お祝いの時などに食べていました。また粉挽きして、ムーチー(お餅)にして食べるという伝統がありました。今もムーチーの風習はありますが、高キビはほとんど使われていません。 浮島ガーデンでは高キビを牛ひき肉に見立て、ハンバーグやミートボールなどを作っています。 高キビは食物繊維やマグネシウム、鉄分が多く、便秘や貧血を防いでくれるともいわれています。美と健康のためにもぜひ、毎日のご飯や雑穀料理にご利用下さい。 神聖な久高島の大地のパワーと太陽のエネルギーをいっぱい浴びて、丁寧に育てられた在来種の高キビ(トーナチン)。久高島五穀と共に、大切な方へのギフトとしてももいかがでしょうか? 高キビのコラムは琉球新報STYLEに書いています。面白いので、ぜひお読みください。 https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-621825.html <送料・お届けについて> *全国一律520円でお届けします。  レターパックに入る限り、その他商品も同梱可能です。  レターパックに入らない場合は、宅急便でのお届けとなり、  別途「追加送料980円」がかかります。  その際は、購入後、改めて送料の追加購入のご案内をさせていただきます。